Flash版 Processing なライブラリ Frocessing を使ってみる

かっこいいアートっぽい描画ができるプログラム環境Processingを、それっぽくFlashのAS3で使えるようにしたライブラリが、Frocessingです。
gihyo.jpの記事(特集:FrocessingではじめるActionScriptドローイング|gihyo.jp … 技術評論社)のサンプルコードを改造しつつ、試しにいろいろ作ってみました。(ライブラリは ver 0.5.7 を使用してます)

サンプル1

白いくねくねした草がランダムに発生してのびていきます。画面クリックで描画をリセットします。


Flash Study 白い草
白い花

サンプル2

画面クリック位置に種をおいて、カラフルなくねくねした草が伸びていきます。右上の□四角をクリックすると、描画をリセットします。


Flash Study 色の種草
色の種草

サンプル3

白い花がランダムに咲きます。咲いた後は、フィルターをかけてぼかしています。画面クリックで描画をリセットします。


Flash Study 白い花
白い花

サンプル4

白い花の上にカラフルな草が伸びていきます。サンプル3の上にサンプル2 を重ねてるだけです。右上の□四角をクリックすると、描画をリセットします。


Flash Study 白い花と色の種草
白い花と色の種草

使い方の流れ

※F5MovieClipBitmapクラスしか使ってないので、他のクラスを継承した場合の作り方はわかりません…。

  1. F5MovieClipBitmapを継承したクラス作成。
  2. コンストラクタで親のコンストラクタ呼び出す。(明示的に呼び出さないといけないみたいです)
  3. setupメソッドを作って、その中に初期化処理を書く。
  4. drawメソッドを作って、その中に繰り返しの処理を書く。

描画関連のメソッドがAS3と全然違うので、ちょっと戸惑いました。(Processing使ったことないもので)
AS3の描画方法(graphicsクラスのメソッド)は忘れて使った方が混乱しなくていいかなと思います。

ちょこっとコードを書くだけで、結構かっこよさげな描画ができちゃいます。
特に曲線の描画がすごく楽です。
他のクラスも使っていろいろやってみたいです。