Ghostscript ps2pdf 使い方基本

※Windows版(ver 8.53)しか試していないので、他のOS・バージョンでは設定が違うかもしれません。

インストールしたディレクトリlib以下にps2pdfを実行させるバッチファイルあり
  • ps2pdf.bat
  • ps2pdf12.bat
  • ps2pdf13.bat
  • ps2pdf14.bat

後ろに数字の入ってるのは、書き出すpdfのバージョンを指定する場合。オプションでも指定可能。
同名で、拡張子のないのは、shのファイルらしい。

コマンドの書式は
ps2pdf.bat options psfilename.ps pdffilename.pdf
optionsとpdffilename.pdfは指定しなくてもいい。

PDFファイル名を指定しない場合は、psファイルと同じディレクトリに同名(拡張子がPDF)で保存される。
当然ながら、libとbinにパスが通ってないと、動きません。
環境変数PATHに入れておくこと。

オプションの指定で、値は=でなく#で代入(?)する。=だとエラーになる。なんで?
× -dCompatibilityLevel=1.4
-dCompatibilityLevel#1.4

例:
ps2pdf.bat -dPDFSETTINGS#/ebook -dAutoRotatePages#/None -sOwnerPassword#owner -sUserPassword# -dEncryptionR#3 -dKeyLength#128 -dPermissions#4 D:Tempps\01.ps D:Temppdf\01.pdf